2015年6月3日水曜日

GRASS GIS 7 を使ったShapefileのエラーチェック&修正

GRASS GISではデータを処理する際、一般的に多く使われているShapefileやGeoTIFFなどのファイル形式からGRASS GIS独自のファイル形式に変換をします。

ベクターデータの変換の際にはトポロジーなどのデータのエラーを自動的に検知して修正してくれるため、GRASS GISにベクターデータをインポートして、そのままエクスポートするだけで、エラーのないきれいなShapefileを作成することができます。

デジタイズなどでShapefileを編集して作成する場合、途中切り取ったり穴あきポリゴンにしたり、マルチポリゴンにしたりなどの作業をしていくうちにエラーの含まれたShapefileとなってしまい、様々なソフトウェアでジオメトリを計算する際に正しい値が算出されない場合があります(ドーナツポリゴンの面積が正しくないなど)。
そのためにもShapefileのエラーチェックは必要となってきます。

以下が作業手順です。
GRASS GIS 7で"gcs"という名前の地理座標系のLocationを作成し、"nuimura"という名前のマップセットを作成したとして説明していきます。
マップセットの作成などの手順は以前の投稿を参考にして下さい。

ベクターデータ(Shapefile) のインポート

こちらの図のように、「File」-> 「Import vector data」 -> 「Common import formats [v.in.ogr]」を選択します。


「Source settings」で「Browse」から読み込みたいShapefileを指定して、「Import」をクリックします。(こちらの例では、Dドライブ直下にあるaaa.shp)

その後、「File」-> 「Export vector map」 -> 「Common export formats [v.out.ogr]」を選択します。


「Name of input vector map to export」にファイル名@マップセット名を選び、「Name of output OGR datasource」に出力先のパスを指定して「Run」をクリックします。

これでエラーチェックしたきれいなShapefileは出力出来ました。
最後にGRASS GIS内に残ったファイルを削除して終了です。


「File」-> 「Manage maps」 -> 「Delete [g.remove]」を選択します。

「Data type」にvector mapを選択して「Force removal」にチェックを入れて
消したいファイル名を選択してRunをクリックすると削除されます。





0 件のコメント:

コメントを投稿