2012年10月31日水曜日

FOSS4G2012(Tokyo/Osaka)のお知らせ

オープンソースGISソフトウェアの祭典、FOSS4G2012が11月に東京と大阪で行われます。 昨年はいち参加者として、初めてFOSS4G2011 Tokyoに行きましたが、今年は運営側として初めての参加となります。

FOSS4G Tokyo (11/3, 4, 5)

FOSS4G Osaka (11/7, 8)


2010年度までは自分の博士論文の執筆に追われて余裕がなく、このようなコミュニティの活動にも興味を持ってはいたのですが、まずはD論書かなきゃヤバイ(汗)ということで、密かに?FOSS4G活動(といってもGRASS GISやGDAL、QGIS、Rで解析処理をするだけでアウトプットは皆無)をしていました。


そんなこんなで蓄積した自分の知識・経験をコミュニティに還元しつつ、それを武器として人脈を広げてみようと思い、Nagoya.RというR言語の勉強会が名古屋大学で不定期に行われていたので、そちらでRによるGISやリモートセンシング解析の話をしたりWebに発表資料の公開などを始めました。するとそのWebの資料を見つけて、以前衛星ワークショップや学内勉強会などで少しだけ知り合いだった平松さんにRをつかったGISとリモセン解析に興味を持って連絡をいただき、各種FOSS4Gツールについての勉強会面白そうだねということでFOSS4Gツール勉強会@名古屋の話が立ち上がりました。


そして立ち上げにあたって、FOSS4Gの本丸にていろんな方に宣伝したりご助言などを頂けたらと思い、FOSS4G2011 Tokyoへと参加して、気がついたら中の人になってました。FOSS4G2011 Tokyoに参加して以来、多くの方々と知り合うことができたため、この1年間は自分にとっては実りのあるとしでした(プライベートでも節目の年でした)。


最後に宣伝を、11/4と11/8には様々なFOSS4Gソフトウェアを使った地形解析処理の紹介の話をします。また、11/5にはQGISのハンズオンの講師を、11/8にはRでリモートセンシングハンズオンの講師をつとめます。これを機会に研究&業務利用のGIS及びリモートセンシング環境をオープンソース環境への切り替えを!

0 件のコメント:

コメントを投稿